2月, 2012年

当院の震災対策のご紹介 その②

岡崎市にある各透析施設でも勉強会などで震災対策について話し合う機会が多くなっています。

葵クリニック西岡崎でも、いくつか対策をしていますので ご紹介したいと思います。

今回は「離脱訓練」「災害用DVD」についてです。

 

・離脱訓練として当院では・・・
透析中のトイレ離脱や毎透析終了時は針にキャップをつけてから抜針操作をしています。
これは血液汚染防止のためでもあります。
緊急時でも毎透析終了時と同様の作業をすることでスムーズな離脱作業が行えるようにしています。
 
 
また、年に1回は患者様に離脱体験をしてもらっています。
透析終了時に抜針せずにキャップをし、ベッドから移動して体重・血圧測定をしてもらっています。
これにより針を付けたままで避難する事がどのような感じなのか体験してもらっています。
 
 
 
 
 
・災害用DVD鑑賞は・・・
 患者様に年に1回、透析中に災害用DVDの観賞をしてもらっています。
 
 
 
  
 
このような訓練を繰り返し行うことで、少しでも震災に対する意識を強くもって頂ければと思っています。
 
 
 
 
 
 

 

 

ページ上部へ▲

 

当院のギャラリー

 

当院のロビーには患者様方から頂いた作品が飾ってあります。

どれもとても丁寧な作りで関心してしまうものばかりです。

以前は美合クリニックのスタッフの方からバルーンアートを頂いて飾っていました。

当院のスタッフでも何か作って飾れるといいなと思っています。

小さなギャラリーですが、機会があればどんどん更新していきます!

 

 

ページ上部へ▲

 

勉強会に参加しました。

私たちの透析施設がある岡崎市では3ヶ月に1回程度臨床工学技士のスタッフ勉強会が行われています。

今回は今までの講演形式と違いグループディスカッション形式で行われました。

テーマは『穿刺のコツ』。透析を行うにあたって避けては通れないものです。

5~6人でのディスカッションは話しやすく、休憩時間もあっという間に終わってしまうほど盛り上がりました。

このような形式ははじめてでしたがとても有意義な時間となりました。

これからも積極的に参加して、いろいろなテーマで情報交換ができればと思います!

 

 

 

ページ上部へ▲

 

Copyright© お知らせ・スタッフブログ All Rights Reserved.